« 上一篇下一篇 »

シチズン「time is TIME」驚艷2016年ミラノ設計周万枚ムーブメントいきいきと輝いて美しい視覚御馳走

よんしよ月じゅうに日からじゅうななじゅうしち日、世界トップクラスのイベントの一つのミラノ設計デザインウィークイタリアミラノで行われ、再び手を携えてDGTシチズン建築事務所の田根刚共同を作成する「time is TIME」をテーマに芸術装置を出展。

シチズンと田根刚2013年に初めての協力、共同探査いかに腕時計を時間この永久不変のテーマ。その後、田根刚また試みは空間の次元に時間の概念を表現し、2014年に発売した「注目の称賛をLIGHT is TIME」影芸術展。今回は、「time is TIME」大型芸術展来場者を導く深く考える時間の本質。

現代社会では、「時間」が唯一変わらない法則。しかし、最初に「時間」は、星の動きによる光の流れを描いたものである。

「time is TIME」をテーマとして、今回のアートフェアに努めて多数の角度を探る「時間」の概念を示し、宇宙、地球、生物、人間、生命と社会と「時間」の間の連絡。同時に現れたあと「時間」のさまざまな形態は、機械、電力などの異なる動力駆動時間移動。

は1918年設立以来、1世紀近くの時間の中で、シチズン時計を無限の可能性を探索し、新技術の開発と設計の革新、どんどん広げて腕時計の選択の空間を与え、その新しい価値。この過程を見せられるように、今回も出展した最も現れるシチズン「開く新しい技術の道」のじゅうはち項の腕時計。