« 上一篇下一篇 »

アテネ表送り出してきた「独創鎏金小秒針腕時計》170週年記念版限定

「独創鎏金小秒針限定腕時計」は完全にアテネ表工場独立設計、開発、自制UN-320ムーブメントを搭載し、使用するシリコン制糸遊と锚式逃げ、腕時計の提供する最高の精密度。

新しい時計を組み合わせてステンレスケースや、大明火エナメルフェイスデザイン簡潔性経典大気。文字盤中央表示時、分針;ろく時位置は小さい秒針や日付表示、これらはすべてClassico鎏金シリーズの特色。

新設計の170週年限定モデル腕時計、170個限定版が発売され、簡単にできます前にや後ろへ調整の日付は、これはアテネ表を腕時計の機能を増設。ただ引き出す表冠、秒針が停止し、「独創鎏金小秒針限定腕時計」48時間動力貯蔵。

腕時計の独特の大明火エナメル文字盤は、アテネ表会社グループメンバーのDonz E Cadransエナメル文字盤工場手作り、Donz E Cadransはトップクラスの精緻なエナメル文字盤の専門家。火を燃やして大明エナメルの過程は一種の伝統工芸技術、もっとはごく少数のタブ師がが掌握。これが美感の大明火エナメル芸術源からじゅうななじゅうしち世紀、通常は白や淡い褐色、必要を摂氏760から900度の間の高温の窯で焼いて、やっとエナメル粉末を融合させ、由来。