« 上一篇下一篇 »

ジローはマカオ開設に新専売店として新しい専売店初として、新鮮なデザインコンセプトを採用

ドイツザクセンからトップタブブランドラング、当たるマカオ新しい専門店開業に際し、わざわざアジアの時計ファン呈上LangeいちTime Zone特別版18蜂蜜色金の腕時計。新しいブランド独自の専売店は路氹最近開幕のウィン皇居であり、ラングはアジア太平洋地域の拡大にもつながる別の一裏塚。

「源于ザクセン――世界へ」(Born in Saxony–at home around theワールド)は開幕式及び専門店で回転都市圏を刻んで24の地名のLangeいちTime Zone。そのひゃく枚限定の特別版腕時計に、都市圏のヨーロッパ中部時間ドレスデン作を表示し、非標準スタイルでのベルリン。これを呼応ラング22年前はザクセン首府王宮展示初の腕時計シリーズの伝奇的歴史。

ラングはアジア太平洋地域ディレクターGaetan Guillossonによると:「大中華圏開設第四間の専売店は、地元の忠実なラングサポーター表現だとしても、長期的にマークラングはアジアの市場を重視する。」ジローは1995年アジア市場に進出し以来、アジアの地位を固め、アジアの地位を広く開拓してきたという。

ジローはマカオ開設に新専売店として新しい専売店初として、新鮮なデザインコンセプトを採用

はマカオの最新の専売店は65平方メートル、ラングは東京の専売店を改めて装飾以来初の間、新しいデザインコンセプトの専売店を採用。新しい近代化する設計の概念はとりわけ細かい点にこだわり、ジローの座右の銘を体現する」。