« 上一篇下一篇 »

ブランパンBlancpain発布《Lettres du Brassus』第17期の日本の姿

今日、ブランパンBlancpain雑誌『Lettres du Brassus』はろく言語バージョンを世界じゅう年発行部数。今、この記録ブランパン悠久の歴史を、最新の製品、革新的な伝統とあがめ、美食と美酒の生活様式の雑誌は、また日本語版をグローバル刊発行の行列、一緒にご覧今期の素晴らしいテーマだろう。

一人でどのような神の技を発揮して、才能は日本の木版版画に運んで文字盤という平方寸の天地?これはブランパン「芸術の大家」スタジオの職人たちが成功を克服の挑戦。今期特集近距離を直撃2016年バーゼル国際時計宝石フェア新品力作――大波工芸時計で、最初から最後までのスケッチデザインの彫刻に磨きをかけていちいち説明。

また、精緻ジークのマダでも、60年スペシャル記念の記念にもなっていました。は世界で最小の円形の機械腕時計です。デザイナーはベティ・フィヒテさん(BettyFiechter)。彼女は時計業界1位に製表工場で、会長としての傑出な女性。今期の雑誌にじゅうページの紙面で詳しく紹介鳥の歴史と貴婦人時計、過去から現在までの変遷過程。

極端な寒さ、極地深海:ローレン·巴セレスタワー(Laurent Ballesta)」「シーラカンス探検研究」第3回考察の旅を分かち合い、深く南極大陸阿黛利に(Ad E lieランド)の探検経験。今回の視察、生物、海洋のカメラマン、ブランパンブランド親友ローレン·巴セレス塔身に深く、十年前のリュック・ジャック(Luc Jacquet)撮影記録長片《皇帝ペンギン日記』の採景に。文章は彼のこの一度の考察の行を記述して、そしてこの新しい発見の新しい発見を紹介しました。