« 上一篇下一篇 »

「ノーチラス号」艇长ウィリアム。アンダーソンの积家Geophysic腕時計

积家Geophysic地球物理天文台の腕時計が誕生、1958年国際地球物理年といわれ、当時世界で最も堅固で、正確な腕時計。腕時計が生まれて、その一枚を「ノーチラス号」艇长ウィリアム。アンダーソン(ウィリアム・Anderson))氏は、彼が率いる世界初の原潜「ノーチラス号」の成功を越えて北極。私たちを見て彼の积家Geophysic腕時計。

ウィリアム。アンダーソン(ウィリアム・Anderson))氏は1名の海軍将校は、その後アメリカテネシー州(Tennessee)の議員代表。道理から言えば、当時世界で初めて原潜使われ、ウィリアム。アンダーソン当時に任命された「ノーチラス号」艇长の新聞は世界のニュース。しかし彼は1958年率いる「ノーチラス号」を越えて北極はアメリカ大統領アイゼンハワー(Eisenhower)秘密の命令。

1958年8月1日、史上最初の原子力潜水艦は、秘密の極地の旅を展開した。この潜水艦と命名され「ノーチラス号」(USS Nautilus)に、ジュール・ヴェルヌ(Jules Verne)の言葉遣いの魔法潜水艦挨拶。潜水艦が異例の使命を背負って、雪に覆われた北極海の開拓を経由して、両大洋の間の最も直接の航路。三日後、ノーチラス成功を越えて北極。当時、この快挙は潜水艦の乗組員以外、誰も知らない人がいる。同じ年、积家提出した「制作1項に対応できるすべてのテストの腕時計、特に防水性、反磁性及び精密調査校」の挑戦。そこで、卓越した精密度のGeophysic地球物理天文台の腕時計が生まれて。