« 上一篇下一篇 »

私の時計の秘蔵っ子。ジャガールクルト マスターコントロールレビュー

ルクルトといえば1883年に創業以来、ムーブメントを他の多くのブランドに供給し、レベルソで一躍有名になったブランドです。


「技術メーカー」「マニュファクチュール」のイメージが強いブランドなのではないでしょうか。


ただ、有名になったと言っても「ロレックス」や「オメガ」と比べてしまうと一般的知名度は正直ほぼゼロと言っても過言はないです。


今までマスターコントロールをつけていて、わかって頂けたのはアウトレットのセイコーストアでガランテをつけていたお兄さんだけ…。


そんなジャガールクルトのマスターコントロールですがルクルトの中ではもっともスタンダードなモデルに位置するかと思います。


もっとシンプルなマスターウルトラスリム等もありますが、それは薄さを追求しているのでスタンダードモデルとは違う印象になりますね。


3針デイトということもあり、ファーストルクルトにおすすめな一本でございます。