« 上一篇下一篇 »

シン表行ハイエンド腕時計鑑賞の旅—钟极宴新疆駅が円満に閉幕

指針が指し2016年につれてななしち月31日にじゅう時のあの時、今回のシンシート新疆区をめぐらすと準備の钟极宴が正式に幕を閉じた。一ヶ月近く真面目に準備して、会場の確定と表現形式の確定、今回の腕時計を宴顺調で展開して頑丈な基礎を築く。

初めに宴玄関を放つ生気に満ち満ちて绿植と花の目で、花の中で星のように輝く光の宴は今回の主役、21のブランド、500腕時計は、規模がうかがえる。

▲アテネ狩猟3問シリーズの腕時計、ブラックSea航海シリーズの腕時計、巡洋艦陀フライホイール、透かし彫り陀はずみ車などの貴重なシリーズ腕時計全部登場し。

本当に力に外国人技師現場分解腕時計ムーブメントと出展ゲスト楽しいインタラクティブ、有名な時計鑑賞や収蔵家来の先生のご来場により今回の宴が増えたヘビー級のスポットライト。収蔵の道中の奇聞説話、各大手時計ブランドの背後に知る人はまれな文化、歴史も丁之先生に富んだ親和力かつユーモアの言葉でいちいち展開。