« 上一篇下一篇 »

ジャパン プレミア ハイジュエラーの意気地 TASAKIの壮大なる試み〝オデッサ〟シリーズをめぐって

 それは2015年のことである。日本のプレミアム・ハイジュエラーをより高い次元で目指さんとしたTASAKIは、高級腕時計のコレクションでその指針を内外に示すこととなった。「TASAKI タイムピーシーズ」と銘打たれたコレクションを発表したのである。ハイエンドモデルである「オデッサ トゥールビヨン」は、我が国における独立時計師の雄、浅岡肇氏がムーブメントの製作を手掛け、TASAKIエクスクルーシブの手巻きトゥールビヨンとして国際的な評価を受けた。一方で、シャープなインデックスを基点とした文字盤のシンプルな意匠に個性が光る3針のモデル「オデッサ」を脇に据えて、広く一般的な訴求を得ることに成功もした。


 そして今年、TASAKIはコレクションの拡充を試みる。パートナーは昨年同様、浅岡氏である。TASAKIの美意識を熟知した彼が捧げたのは、驚きのフルスケルトンモデル。毎秒5振動のシンプルな手巻きムーブメントに、浅岡氏は丹念に肉抜きを与えた。完璧な手作業でエッジを磨いたブリッジには、等間隔で重なり合う極上のペルラージュが施されている。文字盤側から見るそのハイライトは、8時位置に視覚化されたキフショックだろう。機能美の象徴だ。


 ケースバックに目を転じてみよう。直径14㎜に迫る大径のテンワ、機械式ムーブメントのパーツで最も美しいとモリッツ・グロスマンのエンジニアも讃える香箱、そして輪列。独立したガンギ車のブリッジが古典的な作法を今に伝えていて好ましい。そう、この時計、名を「オデッサ スケルトン」というが、ここまで高尚な出来栄えたらしめているのは、作り手の過剰とも思える動作系への偏愛、執心である。だからこそ、一般的な、また古典的なスケルトンのしつらいとは大きく異なる。この偏愛、執心を褒めそやし、受け入れたのはTASAKIの加護、ディレッタントの精神故。傑作は得てして、こうした主従関係から生まれる。