« 上一篇下一篇 »

梅花総裁:60 %中国、増産は中国

中国、年に2万匹が増えているから中国は

梅花総裁:中国はない

「世界には2 %の時計はスイス生産の、スイス表の売上高は50 %に達している。過去のきゅうじゅう年間、私達は梅表95%の時計は輸出のうち60%以上に大中華圏(を含む中国大陸、香港、台灣及びマカオ)ので、私たちは中国。」スイス梅表グローバル総裁のダニエルM.Schluep(ダニエル・史洛普)今回のバーゼル期間私達と会った時、ドアを開けて見山地大談中国市場の重要性については、「業界2012年の経済状況のいくつかの配慮も、中国の最初の2ヶ月成長減速や小売が低下傾向が、私達から注文量を見ると、2012年いち月前年より約30%。」彼にしてみれば、経済の不景気に最も影響を及ぼすハイエンド市場、梅表は、現在中国での位置づけが親民、影響が大きくないだ:「2011年の総生産量をじゅうはち万匹、今年私達の予想のこの数字ににじゅう万匹。」

パンダ、鄭和からドラゴンの時計

梅花表の中国コンプレックス

ずっと先のために次の再生産の注文操作規則、そして一般まず支払才能起動の生産の一環で、梅表の一貫したスタイルはむしろ市場も冒経済損失リスクが、これは経済の低迷期にも悪いことじゃない。「わたしたちにとって、今年最も懸念するのは部品の不足、この経済情勢の下で、サプライヤーが选高いや収益の高い生産、例えば表バックル少ないや針がなかったが、これが私たちの総生産量に影響を与える可能性。」ダニエル・史と洛普。

1959年から中国に入った後、同族会社としての梅表と中国市場の縁ができて、しかも1部の2011年販売調査によると、梅表の中国市場での輸入表の売り上げ第ななしち位、これも中国に入って、早くとかなりの関係。「私達のこれらの年の設計が多くの中国と関係して、たとえばパンダ、鄭和が、今年の竜表、もちろん私たちの名前もとても中国化。私たちはずっと専念アジア市場、特に中国、この挙動のリスク、しかしもとても力がある、私たちは力を進場。」ダニエル・史洛普回想30年前に中国、当時中国経済が発達していなくて、あの時は高級品ですので製品は、現在の中国の経済の地位向上、私達の制品価格に端になったが、我々はまだいいと思いますが、結局この市場は非常に重要で、「今スイスの通りに見える多くの若者が好き入れ墨、中国について、たとえば漢字とか、自分の車に貼る。」