« 上一篇下一篇 »

「時計の情報」オメガは博物館の七番を復刻て腕時計を刻んで

早く75年前、オメガが制作って世界最初だけ二重ケース潜水腕時計のように、その引き出しのように自由に抜き取ったユニークなデザインは一大の特色で、更に代表当時タブ技術の革新を突破し、オメガを築いた当時、新世代の専門潜水表の地位を生むオメガ海馬シリーズ公式登場した非凡意味と価値。

記念にこの項の世界最初だけ水深はななじゅうメートルの潜水表は、しばらく前に、オメガ発売の博物館7号復刻腕時計これをもとに、防水の深さを135メートルの数字を限定生産数。忠実でせながら、オメガ博物館7号マリン1932は中身より時計性能には最も近代化のムーブメントを搭載し装置を搭載した構造で、同時にオメガ固有の2007手にチェーンムーブメントと特許の同軸逃げ装置(Co-Axial)、動力は小さい時48貯蔵。ケースをバラの金及びプラチナ材質の博物館7号マリン1932、そのバラ金殻がオリジナルサイズが少し大きい(33.05mm x 50.50mm)、これをもっとはっきりと装飾芸術スタイルの精緻なディテール表現。オメガ博物館7号をそのまま1930年には特許登録のてこ式ロック合装置、内殻しっかり密封を確保するため、腕時計は135メートルの深さの中にも無漏水の虞限り、松錠合コントロールレバー、プラチナ内殻はスムーズに滑り、あらわムーブメントとはじゅうに時位置の表冠を示し、尊い質感、必ず時計ファンになって得難い収蔵上物