« 上一篇下一篇 »

中国は世界第一の需要に対する需要がアメリカを追い抜くて世界第1

水曜日に発表した調査結果によると、インターネット検索の調査に基づいて、中国はかなり高価な時計の需要アメリカを超えて、世界の第1。

デジタル贅沢品による集団(Digital Luxuryグループ)が発表した「世界時計報告」(World Watch Report)は、全てと時計関連の検索では、中国からの検索が占め23%。中国で注目度の高い順オメガ(Omegaを占めて、中国時計関連検索の20 . 2%)、ロンジン(18 . 9 %)とロレックス(5%)。

2004年から現在、アメリカで初めてボスの位置を押し合いているという。

調査によると、中国の成長の勢いを除いて表現(升7 . 8%)のほか、日本(リットル3 . 5%)、インド(升0 . 6%)とロシア(升0 . 5%)などの国で検索総量の割合は過去一年でも著しく向上。多くの西洋市場の安定を維持し、一部の国の市場シェア低下(検索)も現れて、例えばアメリカ(降9 . 2%)、ドイツ(降1 . 7%)とイタリア(降1%)。

私がはっきりしないこの仮想需要と現実の需要をどうフックに至っては、実際の売り上げはもっと知りませんでしたが、それは間違いなくによると、アジアの消費者はかなり高価な時計を表現したのはきわめて強い興味を持って、そして、高価なブランドと中国進出の幹部たちはきっと自分で決めたことにはかなり得意。

ロレックスとオメガ受け需要は最高の2つのブランドが、近年来、ロレックスにオメガのリードが急速に縮小。同調査によると、市場のこの2つのブランドの需要の差が2 . 3ポイント、相対的に2009年の8 . 4%を大幅に縮小し、主には、オメガ中国から獲得した市場シェアでは、ロレックスを一層固めたその足踏みして欧米市場の定位。

同調査では、「世界時計報告」に追跡のいち、300以上の様々な高価な時計の中で、トップ3はそれぞれオメガSeamaster、ロレックスSubmarinerとロレックスDaytona。

地球に時計コピー商品の検索で減少し、関連検索がかなり高価な時計を検索総量の1.85%で、昨年のこの割合は4.。この調査分析のよんじゅうブランドで、市場をスポーツウオッチ模造品の需要が最高で、ロレックスが世界のコピーブランド需要の51%、その後はブライトリング(Breitling)(9%)と豪雅(5 . 3%)。

同報告にごじゅう数字以上の指標を試算すると校正し、よんじゅうの高価な時計ブランドでにじゅう国際市場の表現の分析を行った。