« 上一篇下一篇 »

ジュネーヴ表展帕玛ジョニー隕石項Tonda 1950腕時計

隕石の特徴は無の研磨、不規則、かけら紋、そして、その魅惑の石になっ帕玛ジョニー新しいバラ金金Tonda 1950腕時計の文字盤。この材質は最初に2015年ジュネーヴ国際高級時計展(SIHH)リリースの1項の採用チタンケースの限定腕時計。今回新推の深い靑隕石文字盤はバラの金ケースとの組み合わせ。隕石文字盤が現れたテクスチャの米は:この美予想できない;はい、神秘的であるため、それは完全に私のいるこの世界から。

隕石は大気圏突入時によって経験した高速の温度変化に印刷され、その表面に消えない結晶構造。それでも、その上には自然と調和がとれている。隕石を経なければならないシリーズ酸浴処理は、次第に出て、この自然の影響で発生の壮麗なしわ。

メテオ処理工程は非常に複雑である。その硬度一般より岩、なかなか加工;その鉱物構造予想できない、極めてよく変わって、伝統の技術を使用することができない。だから、帕玛ジョニー文字盤大師で深い経験と老成の完璧な工芸才能は多分完璧にカットし、こういう深い靑、この鍍金技術は世界初で、同様に人々を驚嘆させるような大きな成果。バラ金のケースの完璧な映えの下で、靑のいん石はますます深く魅惑していた。