« 上一篇下一篇 »

私と表の物語―あれらの年_あの場所と電子の表の物語

先日、母が部屋を片付けたら一枚の小さい時の電子時計、腕時計の表面層が厚い灰層、ケースにある亀裂。お母さんは時計をその時計にあげて、この時計の物語を覚えているか。私を考えて、時計を持ったことがあっ、もう時計が止まっていて、私は消さ表面層灰、亀裂のますますはっきりと、私の考えが急に投げ出されて十年前に戻った。

先日、母が部屋を片付けたら一枚の小さい時の電子時計、腕時計の表面層が厚い灰層、ケースにある亀裂。お母さんは時計をその時計にあげて、この時計の物語を覚えているか。私を考えて、時計を持ったことがあっ、もう時計が止まっていて、私は消さ表面層灰、亀裂のますますはっきりと、私の考えが急に投げ出されて十年前に戻った。

私と表の物語―あれらの年_あの場所と電子の表の物語

あの時、僕はまだはち歳、小学校、家の経済条件はとても良くて、親のアルバイトで稼ぐこの家をサポートする。もうしばらくの時間があって、学校の学友はすべてはどういうことを知らない人を多く斗電子時計を見て、私はクラスメート一つ一つ佩腕時計喜々と表情、一生懸命だつば、心:私もありたいなら腕時計でいい。

日は学校が引けて、母が迎えに来てくれて、いきなりこの何日クラスの多くの人たちを見て時計を買うかどうか、あなたも買った当時の心の中に咲いた花楽、忙しくて約束の良い、私もひとつ。やっぱり第二日家に帰る母は私に電子時計を買ってくれました。戴表は学校の最初の日、私は私に誇り私の時計はどんなにどんなに良くて、多くの学友はすべて私の時計を見て、非常に人気の中で、腕時計を落としてしまって、ケースに現れた道にひびが入り、当時私は覚えていて。帰りも持ってない、手にも両親が発見され、発見された親父が発見し、話してくれた原因についてた後、お父さんはたくさん。その後母が来ました、私に言って身を処して時計のように1分1秒前の飛石から渡れ、あまり自傲。当時のシーンは永遠に深く私の脳裏に深く焼き付けて!お親さん、お疲れ様でした。愛しています!