« 上一篇下一篇 »

文学の大家達の最も愛する時計はどれらがありますか?

朱熹は孔子宋儒評価「日生仲尼、永久に夜のように。」もしこんな言葉で形容ブレゲさんは機械業界への貢献にも、適切な。

ブレゲ時計界でだけではなく、「表王」という称号ながらも、「現代タブの父”の名誉。かつての専門の人士と、今のどのブランドの機械表も、手動巻きは自動巻き、少なくとも2つの技術の発明からブレゲ。もし離れブレゲの貢献、この機械は正常に仕事のできない表。

* 1798年よんしよ月、ナポレオン遠徴エジプト数週間前、彼は購入さんの大切なブレゲ時計:1項をバネ表、1台持ってカレンダーのをバネ旅行時計やアイテム「自動的に”をバネに表。

* 1815年、フランス国王ルイ十八授与ブレゲフランス海軍専用時計職人の崇高な肩書全権委托を航海天文時計の研究開発。7年後、初めての航海で天文時計がフランス海軍就役に開始。ブレゲその名付けて「マリン航行表」。

一票では皇室のファンを持つ以外、ブレゲ文学作品の中にも居て、甚だしきに至っては文学作品の中で出場回数が最も多い時計ブランド。多くの大作家の作品での表現にブレゲブランドのファンとして、彼らが含まれます:スタンダールやプーシキン、プロピウス・梅里美、バルザック、大仲马、ユーゴーと近代のパトリック・オブライエンと淺田次郎など。