« 上一篇下一篇 »

もう1発徳係軽い贅沢な、あなたhold住んでいますか。

 NOMOS私が比較的に好きな腕時計ブランド、清新文芸のバウハウススタイルに特色を高く備えて、人と違う追い詰め格。前回ご紹介したNOMOSに卒業生のファンクラブシリーズ、今回は皆さんに紹介しNOMOS 2017バーゼル時計展展示の別の1つのシリーズの新表:Nomos Ahoi Neomatik腕時計。
正直に言うと、新しいNomos Ahoi Neomatik腕時計は少し意外に私の予想から、色使いが大胆にもこんなレジャーの織田紋バンド。考えなくても無理ですが、NOMOSかつても出ていた美しい文字盤も使った織物バンド。新しい時計を採用した湖蓝や亮紅などの色、本シリーズを注入した新鮮な元素。
間違いなくて、美しい湖蓝や亮赤い文字盤が非常に目立つが、私もちょっと眩しすぎると言わざるを得ない、そうそんなにきれいというかな。しかしそれのサイズに設計の非常に合理的、36.3ミリの表径でこの絢爛の色はそんなにまぶしい、またコーディネート鉛色のバンド、もっと中和という色の衝撃感。また、画像からは見えないが、実際には自然の光の中でこれらを腕時計の文字盤は発光のように、非常に美しいです。