« 上一篇下一篇 »

尊崇する手芸、バセロンコンスタンチン「W&W」の現場で新しい表を振り返って

 スイス老舗トップタブ商バセロンコンスタンチン、「透かし彫りの芸術」をテーマとして、機械の骨感美表現して、同時に結合高級ジュエリーモザイク、作らの大量の宝石腕時計、本当に閃「な」は私の眼。と思っていた多くのブランドのように、今回の「W&Wバセロンコンスタンチン」にだけ少ない新品、思わぬところで、一気にリリースされたじゅうく項の腕時計、出しゃばるから完全にがSIHH時の表現、本当に疑いSIHH時それは根がない入れたい。
今年は「W&W」では、初公開発表バセロンコンスタンチン、既存製品ラインを調整は、従来の「円形ケース主導の伝承のシリーズは、分割を2つの独立したシリーズ。これまでの伝承と伝承が現代経典独立して、新シリーズの伝承とTraditionnelleシリーズ、その伝承は元の伝承経典、Traditionnelleは元の伝承現代。この2つのシリーズのもとが大きく異なっていて、ただバセロンコンスタンチンは丸い時計でまとまり、だから二人は当時は帰属はシリーズ。