« 上一篇下一篇 »

オフィチーネ・パネライ全力支持第じゅうろく回D’DAYS 2016

 フィレンツェ高級腕時計ブランドオフィチーネ・パネライ、革新の方式の結合イタリア設計及びスイス専門タブ工芸ので、有名な。第じゅうろく回D」ブランドの参加である、このイベントを通して照明デザイン界をたたえ現代のデザイン。
月にはごさんじゅう日からろく月ご日、オフィチーネ・パネライはパリ装飾芸術博物館(Mus E e des Arts D E coratifs in Paris)に開催される第じゅうろく回D’である。D’daysはヨーロッパ一つの有名な設計節があり、公衆の観察、発掘と共有してデザインの分野での挑戦と観点の有名なプラットフォーム。
どこで腕時計機能のブランドのポジショニングの方面で、オフィチーネ・パネライとデザインの間の連絡はブランドの歴史の中で盲に杖の部分。Luminorケースの経典の「護橋」設計、全体のラインや夜光時計の文字盤もオフィチーネ・パネライ美学の必須元素。「LUMINOR:ライトfrom elsewhere」展覧展示Dan Roosengarde、アーティストの作品。オフィチーネ・パネライを借りて、今回の展示、さらに統合と国際級の卓越したデザインのリンク。
今回の機会を通して、フランス首都で展示、活動、仕事坊、会議、芸術装置展示や体験、再び展示デザイン分野の動力及び革新。