« 上一篇下一篇 »

天空ディスクとムーンディスクを独立させた新型Cal.L121.3搭載

搭載するCal.L121.3は、デイ・ナイト表示と一体化したムーンフェイズを搭載。天空ディスクとムーンフェイズを独立させ、天空ディスクは24時間で1周してデイ・ナイトを表示します。一方のムーンディスクは、122.6年で1日誤差という高精度で月の満ち欠けを表示するのです。

als_l121_3_lange1_rs_web

 

この新型キャリバーは、2年前の新世代ランゲ1が搭載するCal.L121.1をベースに開発されており、完全巻き上げ状態で72時間パワーリザーブを可能にするツインバレルや、瞬転式のアウトサイズデイト表示を備えています。

 

天空ディスクは最新技術の結晶

天空ディスクの表面は、光波のオーバーラップによる干渉効果によって、1日の時間帯に応じて様々な色調のブルーに変化するとのこと。日中は星のない青空が広がり、夜になるとダークブルーの夜空にレーザー光で刻まれた星々がきらめくといいます。