« 上一篇下一篇 »

「ブランパン」世界最小の丸型腕時計、日本限定モデル

 

【11月11日 MODE PRESS WATCH】1735年創業、現存する最古の時計ブランド「ブランパン(BLANCPAIN)」は、60年前に世界最小の丸型腕時計として誕生したレディスウォッチ「レディバード」の新たな日本限定モデルを60本限定で発売する。

 今回発売される新作は、レッドゴールドのケースにブラックのカーフスキンストラップのモデル。文字盤の上でドロップ型の針が回り、文字盤には8個のダイヤモンドが輝いている。またベゼルには 32個のダイヤモンドをあしらい、サファイアケースバックからはダイヤモンドの装飾を施したローターを見ることができるエレガントなモデルだ。

 初代「レディバード」は1956年の誕生当時、“どこよりも早く市場投入された世界最小丸型腕時計”と言われたモデル。世界最小の丸型機械式ムーブメント“キャリバーR550”を搭載し、直径はわずか11.85mmながら、キャリバーのパワーリザーブは40時間以上と、当時としては類稀な長さを持っていた。そのモデルは女性の好みの変化に合わせて進化を続けており、時計全体に宝石がセッティングされたモデルから、交換可能なストラップのついた斬新なモデルまで多岐にわたっている。

 レディスウォッチの歴史において重要な役割を果たした本モデルは、熟練した時計職人の創意工夫の賜物。エレガンスと先進性、そして時を超えて輝き続ける「レディバード」の日本限定モデルを、ぜひあなたの時計コレクションに加えてみては。