« 上一篇下一篇 »

大皿点:雨の日、NATOと腕時計が

かどうか、DWの風靡し、多くの人に知ったNATOバンド。本来は、にじゅう世紀70年代頃、イギリス軍はそれ種軍規専用バンドを実現するために、当時は主に高速量産の強靭バンド、物資不足にも充当臨時包帯。そして今日はすでに一定の規範化、滑りにくく、通気性と同時にやすく量産して、とても適し夏使用(詳細を参照してください:「NATOはWHAT?」でも、雨の日でもあまりベタベタと飽き、ふと名言:「雨の日、NATOと腕時計より配よ~」。
この腕時計が続いてきた1971年産元項の経典の殻の造型、(初代モデルは当時世界最古の自動クロノメーターの一つで、ブランドは同年スウォッチグループに参加しました。靑い面アワビにぶつかって、赤と靑のバンドは、元気に、削除機能とともにカウントダウン増えた曜日表示。同素材ステンレスケース径から45ミリ引き下げから42ミリ、論点はちょっと惜しいことができて、狂気のNATO感じコーディネートの文字盤の直径が大きいほうがいい(YouCuYouChang)。
そうそうは好きなことがあるような表に加え、軍隊風の十分な色、瞬間を連想して砂浜に寝そべって胸もあっアメリカ大兵上げの後、少し少し健碩ユーモア。しかしこの文字盤の直径の小さい(41 mm)、大半は実用性を考慮したためか、基本的な機能も揃って、そして可視リアプロ、アルミニウムより超軽量装着感をもたらし、実用的で快適な。