« 上一篇下一篇 »

ロンジンクラシックリバイバルシリーズ特大表冠スを追求するス表

ロンジン特大表冠スを追求するス表踏襲ブランド1920年代の生産の原作だけでなく、ファンを魅瞭の飛行表させながらも、惹かれて時計の歴史エクスプローターの目。パイロットとしての理想的な部品、このスを追求するス表のケースは直径41ミリ、ブラック文字盤に注目の白いアラビア数字を添えてメッキ梨形夜光指針を確保するため、パイロット暗いコクピットで明らかにできる読取り。一枚ずつロンジン特大表冠スを追求するス表に刻んで唯一無二の出荷番号を記念して、およそ百年の経典の再現。
ロンジン特大表冠スを追求するス表のベゼルに指示が三角形マーク、そして顺や逆時計双方向回転、カウントダウン腕時計相対珍しい上世紀にじゅう年代、この機能を通じて助けパイロット回転ベゼル記録任務期間の重要な参考時間。エッジベゼル運用緊密溝設計、指増やしタッチの摩擦力から、装着者気軽にそして正確に調節する。特大表冠とチェーン柄軸は突然ケース以外から、パイロット手袋に迅速に調整表圏ではない、触れ表冠で影響を受ける。そして日常使用中、装着者も運用表印会議及び重要な事件の時間として注意して、シンプルで実用的ながらもあるレトロ。
一方、ロンジン特大表冠スを追求するス表原作の設計元素の基礎の上でムーブメントにアップされ、今回発売の新版は自動的に機械ムーブメントを搭載し、そして3種の精鋼デザイン:小針モデルが、小さな秒盤、表示の場合、分、秒;双時区の表示の24時間第二項はカウントダウンタイムゾーン、ストップウオッチを搭載しロンジン独占ポスト輪単ボタンタイマーカウントダウンムーブメント(L788)。3項ロンジン特大表冠スを追求するス表を優雅と卓越した性能は、長い歴史と飛行のコンプレックスを体現してブランドの傑作。