« 上一篇下一篇 »

パテックフィリップ時計真の品質保証の消費者の需要

長期以来、パテックフィリップはずっと享有ジュネーヴ印の数が最も多いブランド。2009年まで、パテックフィリップが発表した独自の「フィリップ印」を超えて、それだけでなくスイスタブ業現存するすべての品質の標準で、しかも人間化の角度から会社にサービスの一環を規範、代表ファミリー企業消費者にした約束:つまりから1839年から製造フィリップの一枚時計作品提供終身の保養と復旧サービスを確保することができ、それ。」
スイスタブ業界内でも、「Swiss Made」の標識で、まだ各種の認証と印も、その目的は面倒な標準制定を通じて消费者の迷宮入りではなく、本当の品質保証を提供して消費者の需要を満たすことに努めて、パテックフィリップ通を私有化の印はこの目標に。