« 上一篇下一篇 »

『ラング――素晴らしい時計からザクセン』中国語版上海で発表され

ドイツタブの先駆けとして、A . Lange & Söhne(ラング)とドイツ全体の歴史の発展に鳥の両翼、その起伏に富んで、栄辱復興の歴程に惹かれたすべての熱愛時計の人。先日、ドイツから有名な時計職人、アンティーク時計研究家、ラインハルト·マックス(Reinhard Meis)が書いた『ラング—の美しい時計からザクセン》1本の中国語版を発表会が上海で盛大に行われ、本のイラスト、根源を明らかにするを紹介していドイツザクセン州ゲーラ苏蒂鎮タブ業起伏の歴史べし広大な時計ファンたちは良き師友。
今回のラングは上海チーフ公館で盛大に行われた『ランゲ-からザクセンの精巧で美しい時計』中国語版新書発表会、現場の配置に満ちた古典の雰囲気、ラングは更には全体のドイツの発展の過程は今回の発表会で紹介した重点。
当日の本の印刷人、ドイツ華人実業家陈茫さんと分かち合いました彼は人と時計縁結びの経験。またラングも北京大学歴史学部ヨーロッパ史博士潘丹さんとブランドの責任者と一緒にすべての人のために語った「ドイツ歴史二百年とラングの発展歴程』の特別講座。発表の最後の一環で、はるばる来たドイツグラムロット=エ=ガロンヌ県博士オークション行(Auktionen Dr . Crott)の専門家スティーヴン・穆瑟(Stefan Muser)さんは数項を紹介したラング懐中時計であり、極めて貴重な希少傑作とともに、分享本人にラングアンティーク時計のオークション経験。彼はラングはドイツタブ歴史揺るがない重要な地位、彼の全体の発展に伴ってドイツ一緒に進歩のこの国で、彼はいくつかの紹介の骨董懐中時計に連れてきたと一緒に分かち合う観賞現場。