« 上一篇下一篇 »

綺麗じゃなくていいから!精巧なエナメルの時計の工芸はとても重んじて

 無地のエナメル
無地エナメルとは塊状エナメル文字盤は同じ色で、普通は主に三つの:純黒、真っ白と透明カラー。その中、燃やしたい純黒と白い色の、その要求も高くなければならず、繰り返し繰り返しも繁釉薬焼き色が出ていて、このように達します高標準の純度。透明色にエナメルにとって、燃やし成功後で上に彫刻模様には重苦しい。
掐丝はエナメル技術の熟練工。方法は金属糸でダイヤルに描き出して既定の模様を、固定後準備した色とりどりの上薬充填は模様の枠組みに窯に入れて焼いて。琺瑯質は適切な厚さを焼き、磨いや嵌める金などの工程を行うと。この類のエナメル主と金属掐丝エナメル結合にきれいでないかどうか異色、接続かどうかを現さない色。
内の記入はエナメルダイヤルで鑿する必要を塗る区域の提示、ガラスのエナメル、それから高温焼き令エナメルを溶かして。エナメルの表面冷却後、研磨をして完成することができました。内のコツを充填かどうかのエナメルあふれ出て、いいで埋めエナメルはもちろんスキのないの。