« 上一篇下一篇 »

シャネル腕時計の芸術品Mademoiselle Priv E

 シャネルさんスタジオドアにかけた「Mademoiselle Priv E」のマークは、シャネル新シリーズが名称のインスピレーション源。これらの純粋な簡潔な腕時計、取り組みを喚起至高の創造力の優れたフェイス。

シャネル時計Mademoiselle Priv Eクラシカルな真円ケースに表耳、渾然一体とバンド。簡潔なラインに最適象眼ダイヤモンド雪が、こちらもいくつかの別工程この新シリーズの文字盤に完成。こんな装飾作品の霊感があるのは、今も飾られシャネルさんのマンションの有名なCoromandel中国黒木漆面屏風。
Coromandelのでデザインから中国黒木漆面屏風取材し、それぞれのシーンの名前はそれぞれ彫刻はケースの黄金の後にので、一つ一つの腕時計はすべては唯一無二。表の身の週りは白い雪式象眼ダイヤモンドで覆われ、時計に1種の滑らかな糸のようだ感じ、組み合わせの黒アメリカアリゲーター本革バンド。文字盤の上には、簡潔な透かし彫りが2個ある。文字盤は美しく上品、特徴が際立って、さすがに1件の名実共にある芸術品。