« 上一篇下一篇 »

ヴァシュロン・コンスタンタン SIHH2017新作

 

ヴァシュロン・コンスタンタンは、創業 260 周年のために創作された57 ものコンプリケーションを搭載する世界で最も複雑で威容を誇る時計「リファレンス 57260」によって拓かれた道をたどり、「レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600」を発表した。完全に新しい構造を採用するこの機械式時計の傑作は、ヴァシュロン・コンスタンタンの挑戦によって機械式時計の歴史に足跡が記され、新たな時計製造に向けての重要な礎が築かれることになった有名なユニークピース「リファレンス57260」の流れを汲むものだ。白紙の状態からの開発に5 年、一人のマスター・ウォッチメーカーが専任で取り組み、設計に2 年を要して誕生した唯一無二のモデルが「レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600」である。

 両面の文字盤で23 種類の複雑機構を表示。この高級時計に実現された驚異の“天体現象”は、これまでで最も複雑なものであり、天文時計の誇らしい系譜の継承者であることを如実に示している。天体を研究する天文学は、時計学とも密接に結びついている。天体の起源や進化、固有の性質などの解明を目指すのが天文学なら、時計学は、時の経過や星々の間の絶え間ない関係を把握して、機械的に表現すべく懸命に努めているのだ。そうした挑戦は、それぞれが独立した輪列で作動する常用時、太陽時、恒星時の表示が組み合わさったこの時計で成果をあげている。

 514 個の部品を厚さがわずか8.7mm のムーブメントにすべて統合し、20 以上もの機能を司り、なおかつ3 週間ものパワーリザーブが備わるヴァシュロン・コンスタンタンの新しいキャリバー3600 は、まさに小型化と精密機械技術の驚くべき快挙。それにとどまらず、天文コンプリケーションの分野でヴァシュロン・コンスタンタンが培った専門技術もまた遺憾なく発揮されている。その専門技術は19 世紀後半に遡り、永久カレンダーとムーンフェイズ表示、恒星時表示を併せ持つ当時の懐中時計や、連続作動均時差表示を装備した1914年の時計などに見て取れる。近年では、2005 年発表の「トゥール・ド・リル(16 種類のコンプリケーション搭載)」、2015 年発表の「リファレンス 57260」(57 種類のコンプリケーション搭載、世界で最も複雑な時計)があり、それらの注目すべき業績が天文の分野のエキスパートたることを見事に証明している。