« 上一篇下一篇 »

ロレックスVSオメガの2大ブランド角力アジア市場

 ロレックス2011年バーゼル時計展でデビュー5項の腕時計は、その設計の霊感から装着者の成功を理念:限界に挑む、自己を超え。今回の新腕時計の誕生、最新の科学技術やデザインを求めるとともに、更に続いたブランドの経典の伝統を表現してロレックス時計に精進厳格な態度、カキ式恒动探検家型IIはそのの優秀な代表の一つ。この時計は1971年に一度立ち上げ、すでに多くの冒険の旅に必要な装備ロレックスので、もっとと探検界とのこと。
その誕生にはよんじゅう週年を祝って、2011年の改良項――カキ式恒动探検家型IIをケースに拡大する42ミリ、装備してロレックス新世代3187ムーブメント。同ムーブメントに二つロレックス特許開発:PARAFLEX特許緩震装置や反磁性靑PARACHROM糸遊。外形の設計により、探検家型IIに特別な1971年のオリジナルデザインを装置した24時間さえオレンジ指標矢印。ブラック文字盤デザインがもっと備えて黒い指針作成する、「phantom」効果、令のように浮動ダイヤル指針。
2011年新作では、注目の別の革新的なデザインはCERACHROM字界は、ロレックス特許研究、結合のハイエンドの科学技術の成果、ガードが損、抗浸食や永久保存亮沢。もっぱらヨットレースクロノ研創のカキ式恒动ヨット名仕型IIが装備されたこの項字界を同時に独特の機械式記憶カウントダウン機能。
別の1項の同じ配備この字界の腕時計は有名なカキ式恒动宇宙计型迪通を数字で、新しい形の人を示す界黒色の外側のリングを受け、沉实1965年のデザインを組み合わせて黒い字界。
今年ロレックス発売の2項の女装を採用した腕時計も永遠バラ金及びROLESOR素材鋼グループ。2009年に開始された新型36ミリと31ミリ女装デザインの後、今年さらに女装腕時計を新しいスタイルを――最新カキ式恒动女装日誌型26ミリデザインを備えてROLESOR黄金(1539.20、- 17.90、- 1.15%)鋼や白鋼グループ。