« 上一篇下一篇 »

ロンジンのイメージ大使彭于晏伝奇改造『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナの英雄が夢」

 英雄の再生、伝奇に続き、経典題材化の試みのような場で時をかける逆旅、勇気、強靭や真摯な気持ち。はロンジン優雅なイメージ大使彭于晏主演の映画の新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナの英雄が夢」はじゅういち月21日に全国公開される。これはにじゅう数年来、中国語映画業界初の試みで再び撮影ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナを題材にした映画。彭于晏は誠実で執着の優雅な態度を込めて、一心に準備、改造した個別具風採の熱血ヒーロー像。
ロンジンのイメージ大使彭于晏伝奇改造『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナの英雄が夢」
初の映画からワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ香港公開、今日まで彭于晏演じる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナの英雄が新しい夢」は、この経典スクリーンイメージが付き添って観客ろくじゅう年。期間中、かつてひゃくを超える映画はワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナを題材にし。今回彭于晏靑年期のイメージを形作りワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ、誠実で刻苦の努力を払った。彼は早めに半年から稽古で南拳名家、苦学正宗ルーチン。ガンダムよんじゅう度の夏の酷暑の時期、彭于晏より毎日訓練じゅう時間が、1日を何着、1枚でも搾り出す汗。彼は自分が言うように「撮影時に私は自分を調整役の状態、心理から形まで、甚だしきに至っては日常の生活習慣、希望を完全に投入。」