« 上一篇下一篇 »

美度BELLUNAブルーナーIIシリーズの質感と内包兼得「軽くて熟」

 「後靑春時代」の男性は、質感の風格を求めず、杓子定規の一割り前としてはならない。彼らの味わう観はいっそう熟して難癖と難癖て、唯一無二の視感と深い内包を追求するのは彼らは毎日成功道中の挑戦に行くのです。しない、叡智、声高、ひらめき;芸術と建築の研究と好感、どのみち彼らは人と交流する中で時間と博学に瀋殿して来る教養を流露します。まるでインスピレーションからイギリスロンドンロイヤルアルバート音楽庁の美度BELLUNAブルーナーIIシリーズに、そんな「軽熟」質男オーダーメイド:2項のブルーナーIIシリーズ全自動機械ムーブメントメンズ腕時計「えこひいき小三針」のと「時偏芯」の届くその繊細な旺盛な外観と独自のデザイン理念全体からシリーズで錐嚢を脱す。