« 上一篇下一篇 »

腕時計教室:どのように帝の舵腕時計の針を教えて

 時計の針は時計の時計の計時の核心部分、教えてあなたの時計の故障するべきな方法:1、自作の口の開口式が針棒で前へ移動して、針の針を移動して。2、取り付けの時計をインストールする時、愛之助鑷は鉗子を指して行うことを指して。
1、解体の時計
図いち
専用ツールの場合、図1に示す方法で解体することができる。セットにしても薄くて薄くて薄い針を、自作の開口式で針棒(図1)を前に移動して針の針を移動します。2匹の時計のねじドライバーのこじ開けを採用して、時計の針の針の光の清潔さを注意して、こじ開けは時計の針の中に時計の針の盤面を保護する。普通の情況の下で、时轮と时轮バネなく分解掃除、時針も取り外して必要はありませんが、カレンダー構造の時計なら、解体時計後方が解体カレンダー機構。
2、ピンセットは鉗子の取り付け針を指して
図に
インストール時に敷いて針に助ピンセット、やっとこ行われ、ピンセットと先端ピンセット時分針位置に下へおさえて、この時の秒軸樺べきで、先端ピンセットピンセット(図2の間に)、装置に利用可能と秒針ピンセット鉗子端平面軽く叩く秒針片で装牢。パッドと密封リングとしては、2のねじを取り外します。刳り抜くライナーともに後リングも落ちて。もし表機を入れケース後、表機は、緩みは裏地圏のスプリング弁こじ開けからもっとゼンマイ後で、制御軸方向すきま。