« 上一篇下一篇 »

寸刻を争う、出雲の神の縁結び:Orisとアウディ対話活動

 近日、スイス独立機械タブブランドOris(オリス)というより戦略パートナーアウディと手を組んでAudiシティBeijing 2014年度第6期の対話の一連の活動、テーマは「一刻を争う、出雲の神の縁結び」。AudiシティBeijingはアジア初のデジタル化アウディホール、北京市の中心に位置東方広場。AudiシティBeijing人々を提供し、ブランドと対話の空間、アウディと都市生活がより緊密に繋がって。2013年、AudiシティBeijingが開催した「9期AudiアーバンLab - AudiシティBeijing対話シリーズ」の活動の内容は、芸術、科学技術、設計の三大領域。
寸刻を争う、出雲の神の縁結び:Orisとアウディ対話活動
今期の活動の中で、Orisとアウディ連袂解釈した二大ブランドの似ているブランド哲学:技術、技術革新と品質。来賓で見学AudiシティBeijingデジタル自動車展示ホール、鑑賞カウンターはホール中のOris腕時計の後、Oris販売マネージャー郑刚さんをゲストに素晴らしい講座サロン。Oris誕生1904年スイス侏羅山脈のヘスタン町、ひゃく数年来ずっと堅持して機械式時計の生産、絶えない。革新的な技術と至臻完璧な品質を獲得させてOris世界に認めて。「科学技術、啓発未来」のコアコンセプトとして共感、協力、協力を促すというブランド哲学、「科学技術、啓発未来。は技術と革新に対して、技術と革新に対する品質要求、本活動において完璧に演繹することができた。