« 上一篇下一篇 »

スイス回復グローバルビジネス三者鼎立時計

 スイス時計によって協会(Federationオブthe Swiss Watch Industry)が発表したデータによると、2009年スイス時計輸出総額:132.3億スイスフラン、そのうち、腕時計の輸出額は123.4億スイスフラン、略、2005年(123.9億)が、2008年に比べて170.3億の輸出量は、まだダウン28.7%。これに対して、Movadoグループの社長兼CEO Efraim Grinbergがこう言う。「2009年、私のさんじゅう年時計事業の中に最も挑戦に直面しての一年。株式市場は、銀行が倒産し、失業率が上昇し、消費者支出の削減、市場の不景気の消費者信頼不足に加え、ぜいたく品、時計アクセサリー業と私たちのビジネスに非常に重い影響。」
全体のスイス時計業のリード陣は三角鼎立の局面を呈して
Swatch、RichemontとRolexグループは、全体としてスイス時計業界のリーディング陣は三角鼎立の局面を呈して。如Bvlgari、LVMHなど多様化製品の贅沢品を持つグループが、近年、時計の業務もますます重要な地位を占めている。がRolex、Tudorのロレックス会社として、民間企業、ずっと控えめで神秘的で、歴代のBaselworldでさらには受け入れるメディアの訪問で、今年初めての少数のメディアを近い距離でその新品。としてMovadoを持って、Ebel、Concord 3つのスイス腕時計ブランドのアメリカ上場会社MGIはもっと高揚と活躍。