« 上一篇下一篇 »

ステンレススティールとゴールドでさりげないラグジュアリー感を演出

 

2015年のSIHHで発表され、4月の発売以来、評判も上々な「クレ ドゥ カルティエ」。スクエアの「サントス」、レクタンギュラーの「タンク」、ラウンドの「バロン ブルー ドゥ カルティエ」に続く、アイコニックなデザインのコレクションとして船出した。

モデル名の「クレ(clè)」は、フランス語で“鍵”を意味しており、ブルーのカボションを配したスクエアスタイルのリューズからインスパイアされた名だ。このリューズを引き出してから、時間の調整や巻き上げなどの操作をおこない、リューズを元に戻すまでのプロセスは、かつての鍵巻き式置き時計の操作を連想させる。

そして、曲線美あふれるオーバルケースの立体的な造形は建築物を思わせる。搭載するムーブメントも高精度の自社製ムーブメントだ。

この9月に登場した新作は、春に登場したゴールドモデルの中間的なコンビ仕様だ。クールなステンレススティールをベースとし、ブレスレットのセンターのコマの一部と、シンボリックな存在感を放つリューズにゴールドをもちいた。ピンクゴールドの美しい輝きを要所に入れることで、抑制を効かせながら、ラグジュアリーな雰囲気も醸し出している。

ケースはレディース向けの31mm、男女を問わないミッドサイズの35mm、現代的でエレガントさを際立たせる40mmと、3サイズを用意する。

男女やシーンを問わずに着けられるバリエーションの登場で、シンプルでコンテンポラリーな「クレ ドゥ カルティエ」の世界が確実に広がったのだ。