« 上一篇下一篇 »

腕時計でラルフ ローレンの世界を緻密にデザイン

 

ラルフ ローレン「RL67 サファリ クロノメーター」は、ビス留めベゼルが特徴的な「スポーティング コレクション」の派生モデルである。「サファリ」は、ラルフ ローレンを代表するアパレルコレクションであり、その名に由来するアフリカの大草原に似合うスタイルで一世を風靡した。

優雅でアクティブ、旅や冒険のためのロマンスにあふれるデザインは、2013年に登場した腕時計にも継承された。ベゼルはスパルタンなブラックで彩られ、そこにはあえてダメージを負ったような加工が施され、使い込まれたヴィンテージ時計の趣きも付けくわえられた。


2015年に登場した2本の新作は、その野趣あふれるスタイルを強調するものだ。ひとつはダイヤルを代表的なハンティングカラーであるカーキで装い、もうひとつは、モスグリーンやカーキなど4色からなる本格的なカモフラージュ柄で塗装。ケースは2種類あり、ダイナミックな45mmとジャストサイズな39mmを用意。いずれもスイスの精度検定である公認クロノメーターを取得、信頼性も抜群だ。このベーシックモデルのデリバリーがいよいよスタート。夏のバカンスにむけ、ぜひ狙ってみたい一作である。