« 上一篇下一篇 »

鮮やかに写しだされる永遠に色あせることのない「きずな」

 

卒業、入学、入社、異動、昇進……春ははじまりの季節。「変化」のときだからこそあらためて感じるのは「変わらない」大切なもの──それは大切なひととの「きずな」。

そんな「きずな」をテーマにした本コンテストの最優秀賞には、日本写真界の第一人者である広告カメラマン 操上和美氏によるプレイベートフォトセッション、優秀賞にはデジタル一眼カメラなど、「きずな」をより一層深める特別な賞品が用意されている。また、コンテストサイトではセレブレティが語るそれぞれの特別な「きずな」ストーリーを楽しむことができる。今回寄せられる心あたたまる作品の数々は、この門出の季節へダイヤモンドにも負けない輝きを添えることだろう。


 


ケイト・バリーによる展示

また、3月初旬には女優ジェーン・バーキンの娘としても知られる国際的フォトグラファー ケイト・バリーによる「きずな」をテーマとした写真展を開催。オープニングを飾る記者会見には、誰もが認める“おしどり夫婦”歌手の高橋ジョージさん、タレントの三船美佳さん夫妻が登場した。

ふたりの硬い「きずな」を象徴するにふさわしいエンコルディア™ ジュエリーを着用して登場したふたりは「きずな」にまつわるエピソードを披露。妻である三船美佳さんは「出会った瞬間に運命のきずなを感じた」と語り、夫である高橋ジョージさんは「ふたりのきずなの硬さはダイヤモンド級」と、少々照れくさそうに妻の言葉に応えた。