« 上一篇下一篇 »

スウォッチ、パーツが51個の機械式ムーブメント「SISTEM51」採用の新モデル

 

スウォッチ グループ ジャパンのスウォッチ事業本部は26日、「SISTEM51」(システム51)コレクションのニューモデルを発売した。カラフル&シックなカラーリングの5モデルを用意し、それぞれ価格は17,500円。ただし、3月2日に実施される価格改定によって、3月2日からは18,360円となる。

  
「SISTEM51」(システム51)コレクション
 
SISTEM51は、51個のパーツで構成された自動巻き機械式ムーブメント(一般的な自動巻き機械式ムーブメントは100以上の部品で作られている)。製造は完全に自動化され、最大90時間のパワーリザーブ、全部品をケースに密封、長期間パワーを持続する精度(日差 約+/- 10秒)の保証といった特徴を持つ。

SISTEM51コレクションは既存の4モデルに加えて、今回の新モデルと合わせて全9モデルとなった。新モデルのケース素材はプラスチック、ベルト素材はシリコン。各モデルのコンセプトなどは下図を参照のこと。