« 上一篇下一篇 »

スマホに、情報に、縛られないライフスタイルを -

 

ヴェルトは6月23日、スマートフォン偏重な生活をリバランスするという日本発のスマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY」(ヴェルト セレンディピティ)を発表した。出荷は12月を予定しており、同日よりWebサイトで先行予約を受け付けている。

価格(税別)は、プレミアムモデルとなる「VELDT SERENDIPITY モデルR」が148,000円、カラーバリエーションが豊富でカジュアルなモデルとなる「VELDT SERENDIPITY モデルC」が78,000円だ。対応OSはiOS 7以降で、端末側に専用アプリをインストールして利用する。

    
写真左は、VELDT SERENDIPITY モデルRより「Ripplet」。写真右の左から、VELDT SERENDIPITY モデルRの「Silky Ice」、VELDT SERENDIPITY モデルCの「Rich Violet」、VELDT SERENDIPITY モデルRの「Ripplet」。いずれも量産試作品とのことだが、すでに素晴らしいできばえだった
 
    
製品ラインナップとバリエーション
 
発表会も開催され、ヴェルト代表取締役CEOの野々上仁氏がプレゼンテーション。「本当はスマートウォッチと呼びたくなくて……反対のコンセプトを持っているので『ウォッチ スマーター』と呼ぼうかなと」と語りながら、VELDT SERENDIPITYに込められた想いやコンセプトを述べた。

 
ヴェルト代表取締役CEOの野々上仁氏
技術との付き合い方や、ネットワークがもたらす負の側面をリバランスしたい。そのためのウェアラブルなガジェットとして誕生したのが「VELDT SERENDIPITY」だ。今の時代を生きる人々は、日々様々な情報の荒波に揉まれている状況なのは、読者の皆さまも実感できることだろう。

情報過多とならないよう、また、視線をスマートフォンに奪われ過ぎないようにしたい。

そんな想いをベースに、大量の情報から真に必要な情報のみを取捨選択してユーザーへと伝える「Less is More」が、VELDT SERENDIPITYの発想だ。これを実現するためVELDT SERENDIPITYでは、オーソドックスでシンプルな文字盤に配された24カ所のLEDからなる「Vivid Loop」と、電光掲示板を彷彿させる小型ディスプレイを活用しているのが特徴的。