« 上一篇下一篇 »

カシオ「EDIFICE」コンセプトモデル続報、写真で見るBluetooth搭載

スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2014」にて、カシオ計算機は「バーゼルスペシャル」となる腕時計を4モデル、および2種類のコンセプトモデルを発表した。概要はすでにお伝えしているが、メタルウオッチ「EDIFICE」のコンセプトモデル「EQB-500」の続報として、現地で収めた実機の写真をお届けしよう。以下の写真はすべて、クリックすると拡大表示される。

EQB-500は、カシオのアナログウオッチとしては初めて、Bluetooth V4.0(Bluetooth Low Energy Wireless Technology)に対応したコンセプトモデル。スマートフォン(専用アプリ)と連携し、スマートフォン側の時刻情報をEQB-500で表示したり、EQB-500のワールドタイムやアラームなどをスマートフォン側で設定したりできる。内蔵するBluetoothモジュールは、LAPIS Semiconductorとカシオが共同開発した無線通信LSI「Bluetooth Low Energy LSI」(ML7105)だ。なお、発売時期や価格は未定となっている。