« 上一篇下一篇 »

過酷な環境でも長く使えるG-SHOCKを、メタルのヴィンテージ感で表現

スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2014」にて、カシオ計算機は「バーゼルスペシャル」となる腕時計を4モデル、および2種類のコンセプトモデルを発表した。概要はすでにお伝えしているが、ここでは耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の続報として、現地で収めた実機の写真をお届けしよう。以下の写真はすべて、クリックすると拡大表示される。

過酷な環境でも長く使えるG-SHOCKを、メタルのヴィンテージ感で表現

G-SHOCKのバーゼルスペシャル「MTG-S1000BS」は、メタルの質感が引き立つ新生「MT-G」シリーズの「MTG-S1000」がベースモデルだ。

テーマはヴィンテージ感で、ゴールドIP処理とブラックIP処理によって、長く使い込まれた真ちゅうのヴィンテージ感を演出している。ゴールドIP処理の上にブラックIP処理を重ね、さらにブラックIP処理の一部を意図的に削っているという凝りよう。