« 上一篇下一篇 »

季節の腕時計、ショパンL.U.C Lunarワンポイント月相腕時計

 L.U.C Lunarワンポイント月相腕時計は、2005年に発売し、43ミリの18金ケースを採用しL.U.Cバラシリーズ新曲線。時計も再設計され、緞子面で磨いとつや出しを採用。文字盤ろく時位置に時、分と小さい秒針によると、じゅうに時位置の万年暦をダブル窓口大型日付表示を実現し、土曜日や24時間表示機能はきゅう、く時位置を月とうるう年はさんに位置表示位置。


ショパンL.U.C Lunarワンポイント月相腕時計


特色を採用した皇太子妃式メッキ指標のほか、1960年代の美学スタイルの金メッキにローマ数字を貼っている。ローマ数字になると3つの小文字盤のように置かれて黒いょり「汽車レール」式の目盛りの上に、3つの小文字盤それぞれ小さい秒針を表示するため、月と曜日。そのはもっぱらL.U.C Lunarワンポイント月相腕時計で設計したL.U.C 96.13-L自動的に機械ムーブメント。このムーブメント約ななじゅう時間の動力貯蔵機能を獲得スイス公式天文台(COSC)とジュネーヴ印(Poinon de Genè﹎)項認証。